信頼できるインプラント専門医ベスト100は、全国で厳選された100人のインプラント専門医を紹介しています。

  • 患者様の皆様へ
  • 専門医選び4つのポイント
  • メールで専門医を紹介
  • エリア別専門医検索
  • インプラントについて
  • 注目のインプラント専門医
  • 歯科医の皆様へ
インプラントと入れ歯の違い

入れ歯とインプラントの比較

歯を失った時にブリッジで対応できない場合は、入れ歯を選ぶことが一般的です。
入れ歯はブリッジのように健康な歯を削ることがなく、インプラントを入れる手術も必要ないので、どんな人でも手軽に治療を受けられます。
入れ歯は、治療が簡単で、短期間で歯の機能を回復することができますし、保険が適用される治療なので、治療費が安いというメリットがあります。

ただし、入れ歯の多くのデメリットで入れ歯が合わなくて悩んでいる方も多くいらっしゃいます。

インプラント治療

「部分入れ歯」と「総入れ歯」

インプラントクリニック・川越

部分入れ歯
健康な歯にクラスプという留め具を引っかけて固定する治療法です
クラスプを引っかけた歯には力がかかって負担となり、健康な歯を虫歯にするリスクが高くなります。

また、使い続けるうちにグラグラしたり、痛くなったりします。
>大きく口を開くと、クラスプや金属部分が見えてしまう、取り外して手入れをするのが大変という理由から、敬遠される方も少なくありません。

固いものを強く噛むことができず、顎の骨が痩せてしまい、歯並びが悪くなることもあります。


インプラントクリニック・川越総入れ歯
部分入れ歯のような留め具はありません。
上あごは口の粘膜に密着し、下あごは歯ぐきの上に乗せて使用します。

そのため、 入れ歯が合わないと不安定で、はずれやすかったり、うまく噛めなかったり、痛みが出たりと、問題が出る場合が少なくありません。


入れ歯のメリット・デメリット

入れ歯のメリット
・治療期間での咀嚼機能回復がのぞめる
・保険に適応している
・介護者の負担を軽減できる
・インプラントなどに比べて安価である

入れ歯のデメリット
・噛む、話すなど、入れ歯の感覚に慣れるまで少し時間が場合がある
・保険の部分入れ歯ですと、審美性が悪い場合がある
・金具(バネ)を自分の歯にひっかけるので、歯に負担がかかる場合がある
・天然歯と比べ噛むが1/10以下の力になる
・入れ歯は高齢者用というイメージが強く、逆に若い方が入れ歯を使用するとコンプレックスになる

インプラント専門医,紹介フォーム
インプラント専門医,ページの先頭へ