信頼できるインプラント専門医ベスト100は、全国で厳選された100人のインプラント専門医を紹介しています。

  • 患者様の皆様へ
  • 専門医選び4つのポイント
  • メールで専門医を紹介
  • エリア別専門医検索
  • インプラントについて
  • 注目のインプラント専門医
  • 歯科医の皆様へ
事務局コラム

歯科インプラント 「続く痛み」相談増加 産経新聞  2012/1/10

欠損した歯に土台(人工歯根)を埋め込み、人工の歯を作るインプラント治療(自由診療)で、痛みや腫れが続くなど、健康被害を訴える相談が増えている。

  国民生活センターによると、歯科インプラント治療の健康被害に関する相談は、昨年11月までの5年間で343件。平成18年は38件だったが、22年には82件。痛みや腫れ、人工歯根の破損、化膿(かのう)や炎症などを訴える人が多く、症状が続いた期間が分かっている204件のうち、4割以上が1年以上と答えた。

  岡山県に住む60代の女性は、1本13万円と比較的安価な医院をインターネットで見つけ、5本の歯をインプラントにした。しかし、治療後の痛みが取れず、他の病院で診察を受けたところ、5本のうち2本と別の歯1本を抜いてやり直すことになったという。

  同センターは「医療機関や歯科医師によって、治療水準に差がある恐れがある」と分析している。また、インターネットやチラシに不適切な広告があるとして、消費者に注意を呼びかけるとともに、関係機関に対し、十分な情報提供や治療のガイドラインを定めるよう要望している。

 

上記、産経新聞にある通り、インプラント手術の低価格化は年々増えており、その価格に釣られてしまった患者さんが、結果として治療をやり直し、治療費を倍払うことになってしまうケースが後を絶たない。

患者さんに今一度、考え直してほしい。

インプラントはセール価格で買うような代物ではない。そもそも、「買う」という概念ではなく、「治療する」ものなのだ。

インプラントのような外科処置が必要な治療が、セールをしていいわけもなく、相場以下の価格で出来るわけがないのだ。
インプラント体そのものもそうだし、治療前後の診査・診断に費用もかかる。大きな治療費がかかるからこそ、安心してインプラント治療に臨めるということ。

また、大きな治療費を払ってもらっているからこそ、歯科医側もその患者さんに対し、最善を尽くすのだ。その当たり前の考えを、今一度、考えてみてはいかがでしょうか?

「あなたに最適のインプラント」 著者 大友孝信 出版 現代書林  2011/6/13

当サイト、茨城県水戸市のインプラント専門医である大友先生(アートインプラントセンターおおとも歯科)がインプラントの本を出版されました。オールオンフォーに関する内容を中心に詳しく治療内容が紹介されています。

茨城県水戸市近郊でインプラント治療を検討されている患者様は、是非一度大友先生にご相談してみてください。

あなたに最適のインプラント著書の紹介はコチラから  http://www.amazon.co.jp/dp/4774513032

【内容】
「歯が1本もなくても噛める!」最新のインプラント治療を解説
本書では歯がほとんどない方やまったくない方を対象にした最新の歯科インプラント治療である「オール・オン・フォー(ALL‐on-4)」について解説していきます。
この治療法は従来の総入れ歯のように外れることもなく、入れ歯にありがちな噛む時の違和感がなく、審美的、経済的にも優れているのが利点です。
著者はどのような治療を受けるかは患者さん自身が「選択」すべきこと、と提言します。 治療法の選択、ドクターの選択、Webサイトでのクリニックの選択など、あなたの歯の健康にとって最適、最善の方法が選択できるよう、分かりやすい情報が満載されています。 「どのインプラントがよいか選べない、わからない・・・」そんな悩みに応える一冊です!


ページの先頭へ

インプラント治療で4人が提訴 2010/10/5

 愛知県豊橋市の医療法人「関歯科クリニック」でインプラント治療を受けた後、顔面のしびれなどが残ったとして、元患者4人が5日、同クリニックなどを相手に計約3400万円の損害賠償を求める訴訟を名古屋地裁に起こした。
  訴状によると、元患者らは愛知県内に住む30〜73歳の男女4人。4人は2007年8月〜今年1月ごろ、関歯科クリニックで十分な説明がないままインプラント治療を受けさせられた。治療後は顔面のしびれや頭痛、肩凝りなどの症状に悩まされているという。
  同クリニックは患者らが症状を訴えても適切な処置をせず、今年1月以降は休業。院長は連絡が取れない状態とされる。

(2010年10月5日 時事通信より)

 

また、インプラントに関するネガティブ要素が出てしまいましたね…。
ただし、あえてこの記事をピックアップしたのは、「だからこそ、インプラント治療を受ける歯科医選びが重要!!」ということが言いたかったからです。術前の患者様への説明はもちろんのこと、確実で安全なインプラント治療をしようと思えば、やはり患者様側がそういった歯科医を選ぶ知識が必要なんだと思います。
当サイトでは、引き続きその判断材料のひとつとして、インプラント専門医をご紹介していきたいと思っております。

ページの先頭へ

病院探しはインターネットが主流に 2010/7/20

 医療と健康の総合ポータルサイト「FineDoctor」を運営するスフィーダは、20〜44歳の女性500名に対して「病院」に関する調査を実施。調査期間は6月28日〜29日。「病気、怪我をしたときに、どこの病院に行って良いのかわからず困った経験はありますか?」と聞いたところ、78%が「ある」と回答した。

病院を探す方法はどんな方法なのかを聞いたところ、「家族に聞く(61%)」「友人に聞く(43%)」を抜いて、「インターネットで探す(84%)」が最も多い結果となった。また、病院を選ぶポイントとして最も多かったのが「評判(81%)」。続いて「立地(68%)」、「治療方法(設備)の充実(45%)」、「医師(44%)」となった。

そのほか、「予約しやすい(23%)」、「HPのイメージ(22%)」などもあがった。「病院に対して不満に思った経験はありますか?」と聞いたところ、87%が「不満をもったことがある」と回答。「待ち時間が長い(38歳・東京都)」、「土日は人が多すぎて時間切れで診てもらえなかったことがあった(25歳・北海道)」、「説明が短すぎて不安になった(26歳・東京都)」などの声があがった。

「かかりつけの病院がありますか?」という質問には、45%が「ある」と回答。かかりつけの病院になった決め手は、「立地(65%)」が最も多く、「医師(49%)」、「評判(38%)」、「治療方法(設備)の充実(32%)」と続いた。

(2010年7月16日 RBB TODAYより)

 

と、なかなかリアルな数値が出ています。私も仕事柄、よく知人などに「いい病院はないか?」と聞かれることがあります。また、当サイトへ問い合わせいただく患者様も同様に、「インプラントだけでなく、他の科の先生も紹介してほしい!」という患者様もいらっしゃいます。

それほど、今、患者様たちは、クリニック選び、医師選びに慎重なのだと思います。最寄のクリニックに行けばいいという時代ではなくなっているのですね。

インプラント専門医,紹介フォーム
インプラント専門医,ページの先頭へ